読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員予備校に通い1日10時間勉強しても模試下位30%だった私が勉強時間を1/2以下に減らし3ヶ月で上位0.2%で合格した3S勉強法

勉強時間を日に日に減らし、1日の勉強時間を3時間に減らしても国税専門官、国家一般職、特別区、県庁、警視庁に上位5%以内で内定を貰える勉強方法を当ブログで紹介します。

あの●●選手に学ぶ「公務員試験合格必勝マインド」

んにちは、げんきです。
 
 
 
本日11月20日はJR札幌駅で
日本ハムファイターズの優勝パレード
行われているそうです。
 
 
今年のプロ野球は見ごたえありましたね。
 
 
熱戦の末
広島カープを破り日本ハムが
10年ぶりに日本一に輝きました。
 
 
おめでとうございます。
 
 

さて、今回はそんな日本ハムファイターズ
優勝の立役者である大谷翔平選手について
話をしていきたいと思います。
 
 

「スポーツの話が公務員試験と関係あるのか」
と疑問を抱くかもしれませんが、
 
 

超一流の人の考え方は、
あなたの能力をあげるのに
大きな道しるべとなるはずです。
 
 

超一流の人の考え方というのは、
どんな世界においても
共通するものがあります。
 

もし、あなたが受験において
この考え方を手にすることができれば、
 

志望先にトップクラスの順位で
合格することは難しいことではなくなります
 
 

ライバルはあなたの成績を見て愕然とし、
周りの友人からは「」「天才」と
一目置かれる存在になります。
 
 
 
 
かし、この考え方を持てないと
 
志望校の合格ラインぎりぎりで
「不合格」という現実を突きつけられ、
 
 

「滑り止め」のはずの志望先にも落ち、
大きな絶望のなか、「浪人」を選ばざるを得なくなるでしょう。
 
 
 
 

は、大谷選手は
どのような考え方を持っているのでしょう。
 
 

それは、
 
 

本気の目標設定
 
 

です。
 
 
 
 
大谷選手は高校入学時に、
「日本人最速の163?/hを投げる」
という目標設定をしました。
 
 

しかし入学当時は135?しか出ておらず、
160kmを投げる日本人投手は
当時たった一人しかいませんでした。
 
 

周りから見れば、
 
「できるわけない」「無理に決まっている」
 
と誰もが思っていたはずです。
 
 

かし、大谷選手は、
まず目標を細分化し、目標を達成するために
必要なことを明確にあげていきました。
 
 
 

そして、
何より目標を達成するために
誰よりも努力を重ねました。
 
 

「本気でできる」と信じているからこそ
努力の基準が自然と高くなり、
自分に課す課題も明確になってきました。
 
 

そして、
高校3年の最後の大会で日本人アマチュア界
最速の160?を見事に達成しました。
 
 

163?という目標があったからこそ、
160?という数字を
達成することができました。
 
 

こで、あなたも受験勉強の際に
やってほしいことがあります。
 

それは、
 
 
 
「志望校を上位5%で合格する」
 
 
 
 
という目標を設定することです。
 
 
 
この目標は多少無理だと思うことでも、
現時点ではかまいません。
 
 
 
ですが、
 
 
そのことを本気で考え、
そのために必要なことを明確にしてください。
 
 

その積み重ねを、合格発表の日に
うれし涙とともにあなたは目にすることでしょう。
 
 

れでは、
 
 
今すぐに
自分の限界を少し超えるぐらいの目標を
紙に書いてください。
 
 
もし、この作業を怠り
超一流の考え方を持つことができなければ
 
 
あなたは
志望校の合格ラインぎりぎりで
「不合格」という現実を突きつけられ、
 

「滑り止め」のはずの志望先にも落ち、
大きな絶望のなか、「浪人」を選ばざるを得なくなるでしょう。
 
 
 

に、あなたが受験において

この考え方を手にすることができれば、
 

志望先にトップクラスの順位で
合格することは難しいことではなくなります
 
 
 
毎日目標を意識するだけでも
あなたはまた一歩合格へと近づきます!
 
 
 
本日はここまでです。
ブログお読みいただき
ありがとうございます。